時間をコントロールしよう(第1級陸上特殊無線技士)一陸特

サイトマップ

伝送交換|受験者救済センター

独学に限界を感じていませんか?

忙しい社会人が、一陸特を無理なく学べる環境が、もしあるならば・・・
独学で失敗して多大な時間を無駄にする前に、まずは知っておくべきです.
うれしい土日中心のカリキュラム.
出席したいコマだけ課金される、安心の会計システム.
下記バナーをクリックして、ぜひ詳細をご確認ください.
忙しい社会人が、一陸特を無理なく学べる環境
あなたは、それでもまだ非効率な勉強法を続けますか?
特典として、お申込みの方に先着で、
法規の最重要ポイント、ミニレジュメ
      ↑まだ間に合います↑
こんなアンチョコが欲しかった!
法規の最重要ポイント」ミニレジュメをプレゼント!

一陸特を攻略しようよ

■時間をコントロールしよう(一陸特)第一級陸上特殊無線技士
し、一陸特の勉強が今よりも効率よく、スピーディに行えるとしたら・・・
貴方はその空いた時間を、どのように使いたいですか?

苦手な計算問題の克服に何時間かけますか。もし同じだけの知識の習得をより短い時間でできるなら・・・

できるんです。

一陸特の肝と呼ばれるデシベル計算を、仮に独学だけで10時間も費やしてしまった場合を想定しましょう。

これがもし4時間でこなせるとしたら、差の6時間分は貴方の自由な時間になりますよね。

6時間あったら何をしたいですか?

野球なら2試合、サッカーなら4試合も見れますよ。

6時間あれば家族や友人たちとBBQもできるし、また別の勉強時間に充てることも出来る筈です。

あるいは、日頃の仕事や勉強の疲れを癒すために、睡眠に回すことも出来ます。

貴方にとってのそんな6時間は、どれくらいの価値になるのでしょうか?

考えてみてください。

身近なケースで例えますと、仮にコンビニで自給850円のアルバイトをしたとすると、6時間で5,100円。

この5,100円は、貴方の6時間分の時間価値ということになります。


いいえ、貴方は今後、優秀なエンジニアとなるべき人材です。

技術を継承し、後輩を育て、社会を作ってゆく高度な人材ですから、貴方の時間価値はもっと高い筈です。
はエンジニアの工数換算では、6時間ですと約30,000円もの金額になります。
これは本人の受取り額ではなくて、クライアント企業が技術者を調達する場合に必要とするコストの話です。

つまりこの金額を下回ると割安と判断されて、中堅レベル以上のエンジニアは来てくれないことになります。

将来優秀なエンジニアになる予定の貴方の時間価値は、このくらい大きいものなのです。

そんな貴方にとっての6時間が、わずか1,800円程度で買えるとしたら、高い買い物でしょうか?

1,800円で6時間もの自由な時間を入手。1時間あたり、たったの300円の負担です。

こんなに安い価格で時間を買えるなんて信じられますか??

では、どうやって1,800円で時間を買うのでしょうか。

最初の話に戻りますが、貴方は苦手な一陸特の勉強に必要以上の時間を費やしているのです。

本来なら4時間でマスターできる分野を、10時間も掛けているのです。

一陸特の勉強方法

さて、
独学で10時間も掛かってしまった知識の習得を、仮に2時間の講習会でマスターできたとします。
講習会当日は2時間のレクチャーを受け、教え方の新鮮さに驚きながらもスッキリと頭に入っていきました。

帰りの電車の中で、40分ほど軽く資料を見返して復習。

帰宅後、夕食とお風呂を済ませて、改めて資料を眺めて1時間20分のおさらい。

そうです、貴方がこの分野の勉強に使った時間は、たったの4時間だけです。

1,800円の講習セミナーを2時間受講して、自己復習で2時間。合計4時間です。

つまり貴方は僅か1,800円の投資で、差分の6時間もの自由時間を入手できたのです。

こういった考え方を「投資対効果」、あるいは「時間を買う」という表現をします。

いやいや、大事なのは自由時間を手に入れたことではありません。

貴方にとっての、時間をコントロールするスキルが上達したことです。

つまり「メリハリ」です。

時間を何に使うべきか、メリハリをもってこれを判断しないと、合格は近づいてきません。

独学に使う時間、講習セミナーに出席する時間。

時間をコントロールする能力は、確実に合否を左右します。決して大げさではありません。

第一級陸上特殊無線技士の勉強法

私たちは、一陸特に挑戦される皆さまへ2時間単位の講座を展開しています。

苦手分野だけを一コマ2時間ごとに選択できる、自由度の高いカリキュラムです。

ご自身の得意/不得意を把握された上で、メリハリを持って各講座を選択しましょう。

具体的な時間割は以下でご案内しています。クリックしてお進みください。

一陸特・救済プログラム

ここまで読んで、貴方は時間をコントロールするスキルを身に着けました。

あとは勇気を持って、階段の第一歩目を踏み出すだけです。

時間との戦いに負けるな!


→ 次へ(やってはいけない勉強法)


↑ PAGE TOP